《 始 め に 》
 高等学校を卒業して、最初は船乗りになった。その間に結婚し、2人の子供を授かった。7年船乗りをしたが、船を下りて今度は電機店で商売を始めた。その店も35年間続け、10年程前に畳んだ。
 今でもたまに仕事はしている。しかし、ちょっと暇になり、ようやく自分の生きざまを振り返る余裕ができた。
 妻も子供も、それぞれ幸せな生活を送っているようである。しかし、自分自身こうして振り返ってみると、本当によかったのだろうかと、ふと思うことがある。
 いろいろと自分の半生を振り返りながら、徒然なままにキーボードを叩いてみたい。もし、誰かの目に留まり、励ましの言葉をいただけたら、この上ない幸せである。
このエッセイを読むためには、AcrobatReader4.0以上が必要です
《 目 次 》
1 あるテレビの放送から 2 蔵王とリンゴ園 3 生まれて初めての行商
4 ポッポ 5 目くら鉄砲 6 遠刈田温泉での湯治
7 海南島 8 紀元2600年記念 9 魚の嫌いな猫
10 兄さんの夏休みの友 11 幻の国道 12 全王寺
13 働き者の富ちゃん 14 日出島部落と割り箸 15 坊ちゃん名探偵
16 紙飛行機 17 ビッキ 18 洋一の新聞配達
19 宮城県沖地震 20 原小火事の夜 21 四大節
22 子供たちの修学旅行 23 終戦前夜 24 深山幽谷
25 仙人峠 26 仙台七夕飾り一等賞 27 二朗とアヒル
28 二朗の交通事故 29 望郷の歌 30 ポッポとテニスボール
31 アイスクリーム 32 定義如来のご利益 33 JeeP
34 お正月と豚っ子 35 アマチュア無線テレビ局 36 カメラとモデル
37 コスモスの思い出 38 シベリヤ物語  39 プータロー村
40 峨々温泉での湯治 41 開店10周年記念招待旅行 42 軽便鉄道
43 婚約後始めての大河原駅で 44 子供たち 45 初めてのハワイ
46 小国のワラビ取り 47 赤道直下で洋一誕生の電報 48 蔵王縦走
49 達磨さん 50 天春、桜正の思い出 51 電気と私の人生(1)
52 電気と私の人生(2) 53 電波高校時代の一齣 54 電話の今昔
55 二重連機関車 56 二朗の大学合格 57 賑やかな蝉の声
58 洋一の結婚式 59 優しい昌ちゃん 60 平沢小学校講堂でのひとこま
61 日曜大工でマイホーム 62 わら蒲団 63 ナザレト幼稚園
64 禍いもって福となす 65 音楽教室 66 真夜中の栗泥棒
67 創業時代 68 泰ちゃんと薪木切り 69 東北高校陸上部
70 臣市・なか金婚の祝 71 電波高校の夏休み宿題 72 私の迷探偵
73 S五五五五五五 74 ジュニアパイロット 75 札幌雪祭り
76 スターテレビ 77 ブルドックソース 78 航空通信兵
79 親父のヘソクリ 80 竹やぶで鬼ごっこ 81 カラス列車
82 釧路港で年越し 83 妻の入院 84 自動車運転免許合格
85 新車スカイラインバン 86 さぶちゃん 87 たばこの缶詰
88 洋一の鎌倉温泉湯治 89 電器店と喫茶店 90 バッタン
91 用水路で鰻(ウナギ)捕り 92 気仙沼湾で座礁 93 海上での救急医療行為
94 万金丹 95 生家と襖 96 炊事当番
97 真冬に冷水被る 98 宮古漁業用無線局 99 ミジンコ博士
100 一本の欅の木 101 宮古漁港での大振る舞い 102 金婚旅行
103 兄さんの慰問袋 104 酒豪婦人 105 小学生の授業放棄
106 同級生を恨む 107 白いタンポポ 108 富弘美術館
109 褌(ふんどし) 110 初めての交通違反 111 お正月の伊豆旅行
112 ヘンテコな軽自動車 113 小便小僧 114 中国旅行
115 東北大木星観測所 116 ハワイ大学短期留学 117 結婚記念の木
118 仙台市技能功労賞 119 長男が同名 120 南十字星と貿易風
121 家庭主夫 122 釜石・宮古で親孝行 123 宮城霊園